ニュース詳細

2017年10月26日

【お知らせ】投資信託営業部の体制強化について

ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(以下「ドイチェAM」)は、投資信託営業部の組織変更を行い、販売会社・投資家へのサポート体制を強化します。投資家のニーズに応える商品提案やタイムリーな情報提供を通じ、ソリューション提供力を強化し、「お客様に信頼され続ける資産運用会社」になることを目指します。

体制強化の柱として、販売会社の本部を担当するリレーションシップ・マネージャーと、支店に向けた販売サポートや投資家向けセミナーを担当するホールセラーを一つのチームに集約し、新組織としての投資信託営業部を発足させます。個人投資家に直接対面し、資産形成の悩みや要望を聞く販売の担い手の皆さまの声に真摯に耳を傾け、投資家の期待に応える商品提案とサービスの提供を実現します。現在、東京に14名、大阪に3名が在籍する投資信託営業部は今後も人員の増強を進めます。弊社ならではの付加価値の高い情報を販売会社や個人投資家の皆様へ提供するため、社内シンクタンクである資産運用研究所との連携も強化します。

上記の体制強化を確固たるものとするため、2017年10月26日付で投資信託営業部長に金子和久が就任します。金子は証券会社でキャリアをスタートし、その後は資産運用業界において販売会社向け営業の第一線で活躍し、投資信託ビジネスの拡大に貢献してきました。今後はドイチェAMにおいて、これまでの25年以上に及ぶ豊富な経験を活かし、投資信託営業部を統括します。大阪営業所を含む投資信託ビジネスの全営業組織を金子の指揮下に集約し、首都圏のみならず、地域金融機関向けのサービスを拡充します。ドイチェAMは、この体制変更を通じて、日本の投資家の長期的な資産形成に資する高品質なサービスと運用ソリューションの提供を推進します。

■金子 和久 ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社 投資信託営業部長
略歴:
1991年に山一證券に入社。1998年に興銀第一ライフ・アセットマネジメント(現アセットマネジメントOne)に入社。リレーションシップ・マネージャーとして大手証券会社を担当。2007年にソシエテジェネラルアセットマネジメント(現 アムンディ・ジャパン)に入社。大手証券会社を担当するリレーションシップ・マネージャー及び投信営業第二部長を経て、2017年10月26日より現職。


D-171024-1

Copyright © ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第359号
加入協会 日本証券業協会・一般社団法人投資信託協会・一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会
【当社を装った詐欺的行為にご注意ください。】